生酵素比較.com HOME > 生酵素の「生」ってなに?

生酵素の「生」ってなに?


酵素サプリをみると、いまやほとんどの商品名に「生」ってついてますよね。
でもこの「生」とはいったいなんのことなのでしょうか?
酵素が「生」ってこと?酵素が生ってことは生野菜と同じってこと?

調べていて一つのキーワードがあることがわかりました。
それは「非加熱製法」という言葉。

この「非加熱製法」というのは野菜から発酵エキスを抽出する際に
熱を加えずに長い期間をかけて、じっくり熟成発酵させる製法のことだそうで
熱に弱い酵素を非加熱製法をとることで、酵素を壊さずに抽出できるとのこと。
他のコラムでも説明したように、酵素はとても熱に弱い物質です。
熱をかけて一気に発酵を進めるような作り方のサプリもあるみたいですが、
それでは野菜や果物に含まれる酵素が壊れてしまい、摂取しても何の意味もないサプリになってしまいます。

「非加熱製法」をとって酵素ができるだけもとの生野菜と近い状態で
摂取できるから、「生」酵素というわけです。

この「非加熱製法」を使って作られたサプリメントの多くは商品名に「生酵素」と
ついていますが、なかには非加熱ではないのに生酵素とうたっていることもあるようです。

たとえばパウダー状のもの。(カプセルの中にパウダーで入っているものも同じです。)
薬局などでよくみるとパウダー状の酵素サプリを生酵素として売っていることも多いですが
これは植物発酵エキスを高温で乾燥させてパウダーにしていることがあるため、 生酵素とは言い難いです。

「非加熱製法」は非常に手間と時間のかかる製法で、厳密に室温管理をしつつ何年も熟成させなければ
いけないのだそうです。なので商品名に「生酵素」とついているからといって
必ずしもこの製法をとっているとは限らないということですね。
「非加熱製法」をとっている製品の公式ページにはだいたい「非加熱製法である」とはっきり書かれているので
サプリを選ぶ際には確認をした方がよいでしょう。



> 生酵素比較.com HOMEへ
Copyrightc 2015 生酵素比較.com All Rights Reserved.