生酵素比較.com HOME > 生酵素222の類似品にご注意!

生酵素222の類似品にご注意!


海外でも大人気の生酵素222ですが、最近よく商品名やパッケージが似た商品を見かけます。
管理人も最初は生酵素222の会社が出している新商品(生酵素222のパワーアップ版?)かな?
と思ってよく確認せず買ってしまったのですが、よくみるとなんか違う!
販売会社の名前を見ると・・・全然違う会社・・・。
公式サイトにも類似品の情報がのっていたのにみてなかったんです(T_T)
ネットで調べると結構私と同じく類似品に惑わされている方が多いみたいですね・・・。
ここで公式サイトでも紹介されている類似品について詳しく解説していこうと思います!
まずはよく見かける類似品をみてみましょう。

類似品①

商品名 256種類の植物発酵エキス 日本生酵素
販売会社 株式会社愛粧堂
発売時期 2015年1月

 

類似品②


商品名 生酵素233
販売会社 N.A.U株式会社
発売時期 2015年5月

 

類似品③


商品名 特選生酵素
販売会社 株式会社帝国トレーディング
発売時期 2015年

 

類似品④


商品名 富士生酵素288
販売会社 不明
発売時期 2015年3月

 

類似品⑤


商品名 生酵素×ココナッツ
販売会社 株式会社ボーテサンテ
発売時期 2015年1月

まず知っていただきたいのは、生酵素222は2010年発売の生酵素ブームの先駆け的な存在であるということです。
今回紹介した類似品はすべて2015年発売。
名前もパッケージも生酵素222に似せているものが多いので注意が必要ですね。

私がネットや薬局でよく見かけるのは上の5種類ぐらいの感じなのですが、
もしかするともっとあるかもしれません。

233種類とか256種類とか、いかにも「生酵素222」よりも優れているような
名前のものが多いようですが、他のコラムでも紹介した通り、
植物発酵エキスの数は「多ければ多いほど良い」というものではありません。
サプリそのものの品質や、体に良い成分がバランスよく含まれることが重要なのです。

上記で紹介した商品は、ほとんどが品質や安全性について説明されていませんし、
植物発酵エキスとしてどの野菜や果物を使用しているのかちゃんと書かれていません。
サプリは体のために飲むものですから、ちょっとでも不安なものは避けた方が良いです。

最近は生酵素222をそのままコピーしたような商品も出てきているそうで
(中国などで販売されているようです)、一見本物かどうか区別できないものもあるそうです。
そんなときに覚えておきたいのが生酵素222を見分ける方法です。

  @ 表面の右上に「からだのレシピ」のマークがついているか?
  A 表面に222種類の植物発酵エキスと表記されているか?
  B 販売元が「株式会社GypsophilA」となっているか?
  C 価格が1,886円(+税)か?(安すぎたり、高すぎたりしないか)
生酵素222商品画像表面生酵素222商品画像裏面
公式サイトのほうでもいくつか方法が紹介されていますので、
気になる人はチェックしたほうが安心でしょう。

> 生酵素比較.com HOMEへ
Copyrightc 2015 生酵素比較.com All Rights Reserved.